アボルブカプセルによるEDの治療法について

アボルブカプセルは前立腺肥大症の治療薬なので、男性ホルモンの働きを抑制する効果によって前立腺の症状を改善するものですが、副作用として性欲減退があるので、EDになる可能性もあります。しかしアボルブカプセルによる副作用である場合は、服用を中止することで性欲が復活するので特別な治療法などを施す必要はありません。しかしアボルブカプセルを服用中にセックスをする場合には勃起改善薬などを服用することでEDを改善する必要があります。EDの治療法としては勃起改善薬の服用の他にも心理療法などがあるのですが、原因がアボルブカプセルであると特定されている場合には服用を中止することがEDの正しい治療法です。また前立腺肥大症の治療薬には基本的には男性ホルモンの働きを弱める成分が配合されているので、多くの場合は性欲が少なくなるので、服用中はスキンシップだけを行ってセックスをしないという選択をすることも重要です。勃起改善薬を服用してセックスをすると体力などとは関係なくセックスをすることができますが、心臓病の人などが薬を服用して無理なセックスをすることで重篤な症状が出る場合もあります。また医師の指導を受けずに大量に服用してしまうと血圧が急激に低下するので、意識を失う可能性もあるので、使用上の注意を守って服用しなければなりません。EDを根本的に治すのは難しいのですが、ストレスなどの原因がなくなることで正常なセックスが出来るようになるので、精神的に安定をすることでEDを改善することができます。しかしセックスに対して不安な気持ちを抱いている場合には勃起を維持するのが難しくなるので、認知行動療法などでセックスに対する不安を解消しなければなりません。